• HOME
  • >
  • 医療レーザー治療
  • >
  • レーザートーニング

肝斑治療

〜レーザートーニング〜
専用レーザーでの肝斑治療

肝斑とは…

肝斑は一般的に30代〜40代の女性に多くみられる左右対称に現れるシミのようにみえる色素斑のことです。
特に頬や目尻等に出現しやすく、肝斑なのかシミなのか正しい診断と適切な治療の選択が改善への近道になります。

肝斑治療(レーザートーニング)とは

メドライトC6またはスペクトラという肝斑専用の医療レーザー機器を使用した肝斑治療です。
従来、肝斑を消すレーザー治療では禁忌とされていた肝斑治療を可能にしました。
 
1.064nmと532nmの2つの波長を搭載しており、肝斑やシミ、そばかすなどの症状に応じて使い分けができ、特に1.064nm波長を使用した肝斑治療専用の「レーザートーニング」という照射設定ができるのが特徴です。
また、世界一短い照射時間(秒)と、トップハット型といわれるレーザー照射を採用しており、不均等だった従来のレーザー照射をムラなく均等に照射することを可能にしました。

低レベルのパワーでレーザー照射しますので、肌を傷つけず、少しずつ安全に肝斑やシミの原因となるメラニンを破壊し、正常な素肌に刺激を与えることなく肝斑やシミを薄くしていく効果があります。
肝斑治療以外にも、シミ、そばかす、くすみ、色素沈着、毛穴縮小などにも効果的で、お顔をはじめ、体の各部位への照射も可能です。
また、ダウンタイムや副作用もありません。

こんな方におススメ

肝斑が気になる方
効果のある肝斑治療をお探しの方
内服、外用薬を使用中で肝斑治療により高い効果を出したい方
シミ・そばかす・くすみ等が気になる方
毛穴の開きが気になる方


肝斑治療(レーザートーニング)の施術概要

施術時間 15分
 
麻酔   なし
 
傷跡   なし
 
痛み   あたたかい感じ
     輪ゴム弾かれたような痛み
 
通院   1クール2週間おき10回
 
お薬   なし
     発赤が出た場合処方される事もあります
 
メイク  直後から可能
 
シャワー 当日から可能
 
入浴   当日から可能


肝斑治療(レーザートーニング)のよくある質問

Q肝斑は1回の治療で治りますか?
 Aレーザートーニングは、低出力で肝斑を悪化させることなく、確実にゆっくりと薄くしていきます。
個人差はありますが、8回~10回で効果を実感してくる方がほとんどです。
また、2週間おきに10回の照射が必ず必要となります。

 

Q治療期間中に気を付けることはありますか?
A日中は日焼け止めや日傘、帽子などの日焼け対策をしてください。
また、こすったりするとお肌の刺激になりますので、お控え下さい。
洗顔の際は優しく行いシンプルな保湿とUVケアを心掛けて下さい。

 

Q美肌や美白レーザーは1回の治療で治りますか?
Aお肌のターンオーバーに合わせて3週間~4週間に1回のペースで6回~8回の照射をしていくことで次第にお肌が入れ替わっていきます。
1年以上続けていただくと、キメの細かい透明感のあるお肌へ導きます。
また、同時にコラーゲンやエラスチンを増産しますので乾燥肌や毛穴の引き締め、気になるほうれい線等も目立たなくしていきます。

お電話でもご予約受付中

10:00~19:00
休診日 なし

 
052-951-5221